膣の臭いの原因と臭いのメカニズム

88392

デリケートゾーンの臭いが気になったことがある、あるいは悩んでいる女性は多いですが、単に生理中やおりものが原因だと思い込んでいませんか。

そのデリケートゾーンの臭いの原因、もしかしたら「すそわきが」かもしれません。「すそわきが」とは、わきがが臭うのと同じ状態で陰部が臭うことです。

陰部がわきが同様に臭うなんてと、驚く方もいるかもしれませんが、わきと陰部のわきがは同じメカニズムで臭いを発しています。

そのため、わきがであればすそわきがである可能性が非常に高いと言えるのです。では、わきが・すそわきがはどうして臭うのか、ご存知でしょうか。臭いの原因は「汗」と「菌」にあるのです。

2種類の汗「エクリン汗腺とアボクリン汗腺」

汗には2種類あります。エクリン汗腺とアボクリン汗腺から出る汗です。エクリン汗腺は全身に分布し、その成分の99%が水分で、ほか塩化ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、尿素、アンモニア、乳腺などがあります。

運動や暑い時にかく汗で、これは体温を調節するのが役目の汗です。99%が水分ですから、サラサラした汗です。

しかし、疲労状態でかく汗には、アンモニアや乳酸も排出されるため、臭いの原因にもなります。一般的に「汗臭い」と言われる臭いです。一方のアボクリン汗腺は、わきのほか、乳首やへそ、耳穴、陰部に分布し、たんぱく質や脂質、脂肪酸など様々な成分が含まれています。

これらの成分から、ベトベトと粘着性があるのが特徴で、わきが・膣の臭いの原因とされている汗なのです。

また、エクリン汗腺とアボクリン汗腺の障害によって臭いが強くなることがあります。

エクリン汗腺の障害 紅色汗疹
水晶様汗疹
深在性汗疹
熱帯性汗疹
汗疹湿疹化
汗疹
乏汗症
無汗症
汗腺膿瘍
多発性汗腺膿瘍
乳児多発性汗腺膿瘍
アポクリン汗腺の障害 臭汗症
腋臭症
色汗症
アポクリン汗疹
フォックス・フォアダイス病

引用 エクリン汗腺の障害、アポクリン汗腺の障害に対応した病院・歯医者を探す|SCUEL(スクエル)

膣の臭いの原因は汗の成分と菌

エクリン汗腺とアボクリン汗腺から出る汗、これら両方の汗自体は無臭なのですが、菌が加わると臭いが発生します。皮膚には常在菌がいます。

この菌は、アボクリン汗腺から出る、たんぱく質や脂質を多く含んだ汗が大好物、つまり、汗の成分が菌のエサなのです。そして、この菌が汗成分を分解する際に発生するのが、膣の臭いなのです。

このメカニズムは、エクリン汗腺から出る汗も同様です。しかし、汗の成分が違うために、膣の臭いの原因であるアボクリン汗腺から出る汗とは臭いが違うわけです。常在菌は汗成分をエサにどんどん増殖していくため、アボクリン汗腺の汗の量が多ければ多いほど臭いも強くなっていきます。

膣の臭いの原因であるアボクリン汗腺は、遺伝により生まれつき数が決まっており、生涯その数が増減することはありません。わきが体質は優性遺伝で、親のどちらか一方がわきがだと50%、両親ともにわきがだと75%以上の高確率で遺伝するのです。

膣の臭いが強い理由

膣の臭いの原因であるアボクリン汗腺が陰部にも分布しているのはお話しましたが、だからと言ってわきと陰部が同じ臭いとは限りません。

そこには陰部ならではの様々な要因によって、独特の強いすそわきが臭が発生してしまうからです。陰部には排泄器官があるため、尿や生理中の経血など菌が大好きな栄養成分がたくさんあります。

そして、陰部はとても蒸れやすいため、湿気、湿度が高く雑菌が大繁殖できる環境が整っているのです。雑菌が増殖すればそれだけ臭いも強くなり、そこにすそわきがとの臭いが混ざり合うのですから、臭いが強烈なのも分かりますよね。

簡単にできる膣の臭いの対策と予防

0091

  1. 膣内を定期的に洗浄しましょう。
  2. 膣内の洗浄には専用の膣内洗浄剤を使用しましょう。
  3. 膣外(大陰唇・小陰唇)も、常に清潔にしておきましょう。

引用 膣が臭い!知っておきたい3つの原因&解消法

まずは陰部の蒸れを防ぐためには、ショーツなどの下着は通気性の良い天然素材のものがおすすめです。きつめのナイロン素材のガードルなどの使用は、特に生理中は避けたいですね。

生理用ナプキンやおりものシートなども、通気性に優れた商品を選び、こまめに取り替えるようにしましょう。シャワートイレで洗ったり、デリケートゾーン専用のウェットティッシュなどを使用して、こまめに拭き取ることも菌の増殖予防になります。

 

仕事中など、なかなかトイレに行けない場合もあるでしょうが、ナプキンを長時間替えないでいると、蒸れて菌が増殖するだけでなく、肌のかぶれにも繋がります。陰部はとても皮膚が薄くデリケートなため、蒸れたり、ナプキンで擦られたりすると、かぶれを起こしていまします。

肌にやさしい素材のナプキンも販売されているので、そういった商品でも肌対策はできます。臭いを気にするあまり、陰部をナイロンタオルなどでのゴシゴシ洗いは禁物、たっぷりの泡で指の腹でやさしく丁寧に洗うようにしましょう。

すそわきがは体質ですから、生涯付き合っていかなければなりません。しかし現在は、すそわきがやデリケートゾーンに特化した商品も多く開発、販売されています。そういった専門商品を上手に利用しながら、積極的に臭い対策してみませんか。

膣の臭いの原因と対策について

titunio

膣の臭いの原因は汗と皮脂線から分泌される皮脂酸がまざり、それが細菌が分解することで匂いが発生します。自分でも匂いが気になってしまった経験のある人も多いでしょう。

匂いの原因は尿やおりものなど、栄養が雑菌に繁殖することで匂いが発生してしまいます。

生理中には、ナプキンが暖かく湿ってしまい雑菌が最も繁殖してしまうことになります。生理で蒸れてしまうという話をよく聞きますが、その蒸れている時こそが一番匂いがでてしまうのです。

膣の臭いの対策について

膣の臭い対策としては、匂いを防ぐために、陰部を清潔に保つことが必要になります。

陰部はとてもデリケートなので力を入れて洗ってしまうのは、よくないです。ボディーソープをたくさんつけて溝までしっかり洗うことが大切です。また、洗浄力のつよいボディーソープを使うと皮脂を守る常在菌まだ洗い流してしまいます。

一番いい方法は陰部専用のボディーソープを使うようにし、肌を傷つけずにし、丁寧に洗ってください。

下着も通気性の良いものをつけることで群れるのを防ぎます、匂いがでてしまうのも防ぐことができます。生理の時はナプキンを頻繁に変えるようにし、少しでも菌が繁殖してしまうのを防ぎます。

膣の臭いに有効なクリームについて

デオドラントクリームを塗ることで制汗作用を期待することができます。制汗作用が働くと汗をかきづらくなり匂いの元がなくなります。

jisji

夏場は特に汗をかいてしまい、特に蒸れてしまいます。真夏の生理はかなり蒸れてしまって自分でも匂いが気になってしまったりしませんか?

匂いが気になってきたら、すぐに塗ることができるようにクリームは持ち歩くことをお勧めします。トイレが近くにある場合すぐにいき、塗ることができ少しでも匂いを抑えたり、これ以上菌が増えてしまうことを防ぎます。

デオドラントクリームは安いからといって安いものを選んでしまっては後から後悔してしまいます。デリケートゾーンに使うので無添加のものを使う必要があります。肌が弱い人によっては物によって合わなかったりしてしまうので慎重にクリームを選びましょう。

体に優しいデオドラントクリームを選ぶことで肌が荒れてしまうことがなく、膣の臭いを治すことができます。自分の体に合ったクリームを選び、膣の臭いを治していきましょう。

デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンの臭いの原因は、雑菌だと言われています。

雑菌の栄養は、尿、汗、垢、経血などです。

雑菌を繁殖させないためには、通気性のいいショーツをはき(綿100%のショーツ)、おりものシートは、2~3時間ごとに取り替え、厚めのレギンスやデニム、ガードルをはかないようにし、通気性をよくしておくのが、大事です。

おりものシートを使う場合は、布ナプキンがオススメです。通気性がいいので痒くなりにくいです。あと大事なのは、デリケートゾーンの正しい洗い方です。

デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンをきちんと洗えてなくて、臭いが強くなってしまっている場合があります。

bsibsb

私は、デリケートゾーンの臭いに悩んでいましたが、優しく丁寧にデリケートゾーンを洗うようにしたら臭いがなくなりました。

正しい洗い方は、まずお風呂でシャワーを浴びたら、石鹸を泡立てます。

デリケートゾーンを洗う石鹸は、弱アルカリ性石鹸か、デリケートゾーン用のボディウォッシュを使って下さい。(界面活性剤入りは避けてください。)

デリケートゾーン用のボディウォッシュは、Amazonや楽天で500円前後から手に入ります。

Vライン周辺の毛のあるところは、根元を重点的に洗います。優しくなでるように洗い、ゴシゴシこすらないようにします。
洗っているとき、毛を優しく引っ張るようにして洗うと、抜けそうになっている毛がお風呂で全部とれるので、トイレで、デリケートゾーンの毛が抜けて、履いているストッキングの中に毛が落ちる心配もなくなります。

陰核は爪を立てないで、沢山ヒダがある外陰部は、指でなぞるように洗います。

oshoi

会陰部は2~3本の指のはらで丁寧に前後させます。そけい部や肛門のまわりの溝は、軽いタッチで洗います。

ぬるま湯で前から後ろへ流し、しっかりと泡を落とします。シャワーで泡を落とすときも、手で優しくなでるように洗います。

デリケートゾーンを洗うとき、膣まで洗ってしまうと、カンジダ菌が異常増殖して、カンジダ腟炎になる可能性もあるので、洗いすぎには注意が必要です。

ポリエステルやナイロンのショーツは、通気性が悪く臭いの原因になるのではかないようにしましょう。

子供を出産したとき、男の子が産まれたときは、産婦人科でお尻の洗い方を丁寧に教えてもらえるらしいのですが、女の子の場合は、正しいお尻の洗い方を丁寧には教えてくれないんですよね。

正しいデリケートゾーンの洗い方を知って、子供に伝えるのは大事だと思います。

デリケートゾーンを正しく洗うだけで臭いが消えるので試してみてください。

その臭い対策で大丈夫? デリケートゾーンの臭いの原因と対策

女性なら経験のあるデリケートゾーンのお悩み。その一つとして『臭い』が挙げられます。生理中の臭いはもちろんのこと、それ以外でもおりものの臭いが気になるなど、一度は経験があるはずです。けれどデリケートゾーンのお悩みはなかなか人に話せないもの。その原因と対策を勉強していきましょう。

デリケートゾーンの臭いと言っても原因はさまざま

デリケートゾーンの臭いは多かれ少なかれどの女性もあるものです。その原因の多くはデリケートゾーンに繁殖した雑菌のしわざ。私たちの体には汗を分泌する「汗腺」が無数に存在しています。この汗腺は大きく「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2つに分けることができます。

アポクリン腺

これらはどちらも汗を出す器官ではあるのですが、エクリン腺はさらさらした水っぽい汗を分泌する一方、アポクリン腺は粘り気のある汗を分泌するのです。実はアポクリン腺は元々フェロモンを分泌するための器官で、エクリン腺とは全く働きが違います。このアポクリン腺はデリケートゾーンはもちろんのこと、脇の下やおへそ回り、乳首の回りなど体の一部に集中して分布しています。

アポクリン腺から分泌される汗はエクリン腺の汗とは違い、タンパク質や脂質、糖質、アンモニアなど雑菌にとっては嬉しいほどたくさんの栄養素が含まれています。そのため、アポクリン腺が分布している部分は細菌が繁殖しやすく、臭いのお悩みが多くなってしまうのです。

また、ごく一部ですがデリケートゾーンの臭いは病気のシグナルの場合があります。臭いが強すぎる場合や、臭い以外にも下腹部が痛かったり、おりものの量が増える、かゆみを伴う場合には子宮がんや細菌感染を起こしている可能性がありますので、一度婦人科などをお勧めいたします。

洗いすぎはNG?膣の臭い対策あれこれ

女性

臭いが気になる為に一生懸命デリケートゾーンを洗っている方も多いはず。実はそこにも落とし穴が存在するのです。

私たちの体には「常在菌」と呼ばれる細菌が存在しています。この常在菌は繁殖しすぎると確かに臭いの原因となりますが、かと言って常在菌が全くいなくなってしまうと逆に私たちに害のある細菌が繁殖してしまい、臭いが強くなったり感染症にかかりやすくなってしまいます。

また、デリケートゾーンの皮膚は通常弱酸性に保たれていますが、石鹸などで洗いすぎてしまうと中性に近づいてしまい、細菌の繁殖を誘発する原因となることも。

また、意外と見落としがちなのが生活の不摂生。寝不足などで体調が悪い時には常在菌が悪さをしがちになりますし、他の細菌も増殖しやすくなります。また、臭いの強い食品やお肉などをたくさん食べるとアポクリン腺から分泌される汗の臭いが強くなります。

臭いの対策としては、まず清潔に保つことが一番ですが、ごしごし洗いをせずに優しく丁寧に洗浄することが大切です。また、デリケートゾーンには「恥垢」と呼ばれる垢がたまりやすいのですが、シャワーだけでは落ちないので丁寧に洗浄しましょう。

また、汗腺が多い場所なのでピッタリとした服はできるだけ避け、水分がこもらないように木綿などのショーツを身に着けるようにしましょう。さらに、生理用品やライナーなどは細菌の大増殖を招きます。できるだけこまめに取り換え、ビデを使用した後は良く水分をふき取ることが大切です。

デリケートゾーンのお手入れは専用のものを使う

デリケートゾーンを体を洗うボディウォッシュなどで一緒に洗っている人は注意が必要です。デリケートゾーンの皮膚は非常に薄いため、細菌の増殖を招いたり黒ずみの原因となる場合があります。できればデリケートゾーン専用の石鹸などを用いるか、なければフェイスソープなど刺激の少ない洗浄剤で丁寧に洗いましょう。

また、アンダーヘアは臭いを溜め込みやすいので、丁寧に時間をかけて洗ってあげましょう。泡をたくさん泡立てて泡パックのようにしておくと効果が上がります。ただし、洗浄剤の成分が残っていると炎症の原因になるので、きちんとすすいでください。

また、デリケートゾーン専用のウェットティッシュもお勧めです。生理中などは雑菌が繁殖しやすいので、これでさっとひとふき。臭いも薄くなります。ただし、ごしごし拭くのは厳禁です。優しくぬぐうようにしましょう。

最近ではデリケートゾーン専用の制汗剤や美容液なども販売されていますが、これは少し注意が必要です。含まれる成分によっては肌では大丈夫でも、デリケートゾーンにつけたらかぶれてしまう場合があります。少量ずつ試してみて、少しでも異常が出たら使うのを中止して医師に相談してください。