その臭い対策で大丈夫? デリケートゾーンの臭いの原因と対策

女性なら経験のあるデリケートゾーンのお悩み。その一つとして『臭い』が挙げられます。生理中の臭いはもちろんのこと、それ以外でもおりものの臭いが気になるなど、一度は経験があるはずです。けれどデリケートゾーンのお悩みはなかなか人に話せないもの。その原因と対策を勉強していきましょう。

デリケートゾーンの臭いと言っても原因はさまざま

デリケートゾーンの臭いは多かれ少なかれどの女性もあるものです。その原因の多くはデリケートゾーンに繁殖した雑菌のしわざ。私たちの体には汗を分泌する「汗腺」が無数に存在しています。この汗腺は大きく「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2つに分けることができます。

アポクリン腺

これらはどちらも汗を出す器官ではあるのですが、エクリン腺はさらさらした水っぽい汗を分泌する一方、アポクリン腺は粘り気のある汗を分泌するのです。実はアポクリン腺は元々フェロモンを分泌するための器官で、エクリン腺とは全く働きが違います。このアポクリン腺はデリケートゾーンはもちろんのこと、脇の下やおへそ回り、乳首の回りなど体の一部に集中して分布しています。

アポクリン腺から分泌される汗はエクリン腺の汗とは違い、タンパク質や脂質、糖質、アンモニアなど雑菌にとっては嬉しいほどたくさんの栄養素が含まれています。そのため、アポクリン腺が分布している部分は細菌が繁殖しやすく、臭いのお悩みが多くなってしまうのです。

また、ごく一部ですがデリケートゾーンの臭いは病気のシグナルの場合があります。臭いが強すぎる場合や、臭い以外にも下腹部が痛かったり、おりものの量が増える、かゆみを伴う場合には子宮がんや細菌感染を起こしている可能性がありますので、一度婦人科などをお勧めいたします。

洗いすぎはNG?膣の臭い対策あれこれ

女性

臭いが気になる為に一生懸命デリケートゾーンを洗っている方も多いはず。実はそこにも落とし穴が存在するのです。

私たちの体には「常在菌」と呼ばれる細菌が存在しています。この常在菌は繁殖しすぎると確かに臭いの原因となりますが、かと言って常在菌が全くいなくなってしまうと逆に私たちに害のある細菌が繁殖してしまい、臭いが強くなったり感染症にかかりやすくなってしまいます。

また、デリケートゾーンの皮膚は通常弱酸性に保たれていますが、石鹸などで洗いすぎてしまうと中性に近づいてしまい、細菌の繁殖を誘発する原因となることも。

また、意外と見落としがちなのが生活の不摂生。寝不足などで体調が悪い時には常在菌が悪さをしがちになりますし、他の細菌も増殖しやすくなります。また、臭いの強い食品やお肉などをたくさん食べるとアポクリン腺から分泌される汗の臭いが強くなります。

臭いの対策としては、まず清潔に保つことが一番ですが、ごしごし洗いをせずに優しく丁寧に洗浄することが大切です。また、デリケートゾーンには「恥垢」と呼ばれる垢がたまりやすいのですが、シャワーだけでは落ちないので丁寧に洗浄しましょう。

また、汗腺が多い場所なのでピッタリとした服はできるだけ避け、水分がこもらないように木綿などのショーツを身に着けるようにしましょう。さらに、生理用品やライナーなどは細菌の大増殖を招きます。できるだけこまめに取り換え、ビデを使用した後は良く水分をふき取ることが大切です。

デリケートゾーンのお手入れは専用のものを使う

デリケートゾーンを体を洗うボディウォッシュなどで一緒に洗っている人は注意が必要です。デリケートゾーンの皮膚は非常に薄いため、細菌の増殖を招いたり黒ずみの原因となる場合があります。できればデリケートゾーン専用の石鹸などを用いるか、なければフェイスソープなど刺激の少ない洗浄剤で丁寧に洗いましょう。

また、アンダーヘアは臭いを溜め込みやすいので、丁寧に時間をかけて洗ってあげましょう。泡をたくさん泡立てて泡パックのようにしておくと効果が上がります。ただし、洗浄剤の成分が残っていると炎症の原因になるので、きちんとすすいでください。

また、デリケートゾーン専用のウェットティッシュもお勧めです。生理中などは雑菌が繁殖しやすいので、これでさっとひとふき。臭いも薄くなります。ただし、ごしごし拭くのは厳禁です。優しくぬぐうようにしましょう。

最近ではデリケートゾーン専用の制汗剤や美容液なども販売されていますが、これは少し注意が必要です。含まれる成分によっては肌では大丈夫でも、デリケートゾーンにつけたらかぶれてしまう場合があります。少量ずつ試してみて、少しでも異常が出たら使うのを中止して医師に相談してください。