膣の臭いの原因と臭いのメカニズム

88392

デリケートゾーンの臭いが気になったことがある、あるいは悩んでいる女性は多いですが、単に生理中やおりものが原因だと思い込んでいませんか。

そのデリケートゾーンの臭いの原因、もしかしたら「すそわきが」かもしれません。「すそわきが」とは、わきがが臭うのと同じ状態で陰部が臭うことです。

陰部がわきが同様に臭うなんてと、驚く方もいるかもしれませんが、わきと陰部のわきがは同じメカニズムで臭いを発しています。

そのため、わきがであればすそわきがである可能性が非常に高いと言えるのです。では、わきが・すそわきがはどうして臭うのか、ご存知でしょうか。臭いの原因は「汗」と「菌」にあるのです。

2種類の汗「エクリン汗腺とアボクリン汗腺」

汗には2種類あります。エクリン汗腺とアボクリン汗腺から出る汗です。エクリン汗腺は全身に分布し、その成分の99%が水分で、ほか塩化ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、尿素、アンモニア、乳腺などがあります。

運動や暑い時にかく汗で、これは体温を調節するのが役目の汗です。99%が水分ですから、サラサラした汗です。

しかし、疲労状態でかく汗には、アンモニアや乳酸も排出されるため、臭いの原因にもなります。一般的に「汗臭い」と言われる臭いです。一方のアボクリン汗腺は、わきのほか、乳首やへそ、耳穴、陰部に分布し、たんぱく質や脂質、脂肪酸など様々な成分が含まれています。

これらの成分から、ベトベトと粘着性があるのが特徴で、わきが・膣の臭いの原因とされている汗なのです。

また、エクリン汗腺とアボクリン汗腺の障害によって臭いが強くなることがあります。

エクリン汗腺の障害 紅色汗疹
水晶様汗疹
深在性汗疹
熱帯性汗疹
汗疹湿疹化
汗疹
乏汗症
無汗症
汗腺膿瘍
多発性汗腺膿瘍
乳児多発性汗腺膿瘍
アポクリン汗腺の障害 臭汗症
腋臭症
色汗症
アポクリン汗疹
フォックス・フォアダイス病

引用 エクリン汗腺の障害、アポクリン汗腺の障害に対応した病院・歯医者を探す|SCUEL(スクエル)

膣の臭いの原因は汗の成分と菌

エクリン汗腺とアボクリン汗腺から出る汗、これら両方の汗自体は無臭なのですが、菌が加わると臭いが発生します。皮膚には常在菌がいます。

この菌は、アボクリン汗腺から出る、たんぱく質や脂質を多く含んだ汗が大好物、つまり、汗の成分が菌のエサなのです。そして、この菌が汗成分を分解する際に発生するのが、膣の臭いなのです。

このメカニズムは、エクリン汗腺から出る汗も同様です。しかし、汗の成分が違うために、膣の臭いの原因であるアボクリン汗腺から出る汗とは臭いが違うわけです。常在菌は汗成分をエサにどんどん増殖していくため、アボクリン汗腺の汗の量が多ければ多いほど臭いも強くなっていきます。

膣の臭いの原因であるアボクリン汗腺は、遺伝により生まれつき数が決まっており、生涯その数が増減することはありません。わきが体質は優性遺伝で、親のどちらか一方がわきがだと50%、両親ともにわきがだと75%以上の高確率で遺伝するのです。

膣の臭いが強い理由

膣の臭いの原因であるアボクリン汗腺が陰部にも分布しているのはお話しましたが、だからと言ってわきと陰部が同じ臭いとは限りません。

そこには陰部ならではの様々な要因によって、独特の強いすそわきが臭が発生してしまうからです。陰部には排泄器官があるため、尿や生理中の経血など菌が大好きな栄養成分がたくさんあります。

そして、陰部はとても蒸れやすいため、湿気、湿度が高く雑菌が大繁殖できる環境が整っているのです。雑菌が増殖すればそれだけ臭いも強くなり、そこにすそわきがとの臭いが混ざり合うのですから、臭いが強烈なのも分かりますよね。

簡単にできる膣の臭いの対策と予防

0091

  1. 膣内を定期的に洗浄しましょう。
  2. 膣内の洗浄には専用の膣内洗浄剤を使用しましょう。
  3. 膣外(大陰唇・小陰唇)も、常に清潔にしておきましょう。

引用 膣が臭い!知っておきたい3つの原因&解消法

まずは陰部の蒸れを防ぐためには、ショーツなどの下着は通気性の良い天然素材のものがおすすめです。きつめのナイロン素材のガードルなどの使用は、特に生理中は避けたいですね。

生理用ナプキンやおりものシートなども、通気性に優れた商品を選び、こまめに取り替えるようにしましょう。シャワートイレで洗ったり、デリケートゾーン専用のウェットティッシュなどを使用して、こまめに拭き取ることも菌の増殖予防になります。

 

仕事中など、なかなかトイレに行けない場合もあるでしょうが、ナプキンを長時間替えないでいると、蒸れて菌が増殖するだけでなく、肌のかぶれにも繋がります。陰部はとても皮膚が薄くデリケートなため、蒸れたり、ナプキンで擦られたりすると、かぶれを起こしていまします。

肌にやさしい素材のナプキンも販売されているので、そういった商品でも肌対策はできます。臭いを気にするあまり、陰部をナイロンタオルなどでのゴシゴシ洗いは禁物、たっぷりの泡で指の腹でやさしく丁寧に洗うようにしましょう。

すそわきがは体質ですから、生涯付き合っていかなければなりません。しかし現在は、すそわきがやデリケートゾーンに特化した商品も多く開発、販売されています。そういった専門商品を上手に利用しながら、積極的に臭い対策してみませんか。